病院で実権を握っているのは看護師や事務員かも

私は富士宮のとある病棟でクラークをしています。様々なドクターがいて、先生達はみなさん個性豊かです。

ある院長先生は、看護師と不倫して高級自動車まで買ってあげています。お揃いで2台あるのでまわりにはバレバレ。
そういったことは隠しとおして欲しいものです。しかも、院内にその人専用のプライベートルームまで完備。まわりも白い目をしています。

そんな院長先生は回診の時間に現れない事が多くて、仕事上とても困ってしまう厄介者。午前中は講演の仕事をして、午後には病棟に顔を出す予定のはずなのに、来ないので電話を入れると「今は仕事中だ!電話をしてくんな!」との返答。予定表を見ると午後は回診で間違いはないはずなのに。

後から聞くところによると講演に熱が入りすぎ、参加者の質問に熱心に答えていたとの事でした。病棟で患者さんが待っていたのに何とも自由すぎやしませんか?そんな訳でその時は仕方なく、他のドクターに急を要する患者さんだけ対応してもらいました。院長先生は自由気ままです。普段はとても明るくて良い先生なだけに残念です。

ある内科の先生は、理屈っぽくて厄介です。専門的な用語を使って患者さんに説明するので、みなさん、わからない様子。
看護師がフォローを常に入れているのですが、先生は全く気にかけない様子。日本語なのに通訳が必要と言った感じで、アイシーも時間がおせおせです。すると、次に待っている患者さんも長い間待たせる訳で日々、事務員もヤキモキしています。

他の麻酔科の先生は、病室を動いて麻酔の説明をしているので、院内ピッチは電源を入れておいて欲しいのに入っていない確率が高い。充電をいつもし忘れているのです。

ドクターに向かってあまり強い態度を取れない私達は、困り果てるしかないのですが、あんまり先生達が酷い態度だとカツを入れなければなりません。時間にルーズな先生達は強めに「急いで下さい!しっかりしてください!先生!」と言うとハッとするようです。

本当に実権を握っているのは先生を上手く動かす看護師や私達事務員かもしれません。私は年齢がいっている方なのでうまく動かしているつもりですが、最近転職してきた看護師【看護師 求人 富士宮市】が若いのにとても先生方の扱いが上手で助かっています。

Comments are closed.