Monthly Archives: 11月 2017

blog

嬉しい言葉をたくさん浴びせてあげる子育てがしたい

男の子
子育てをしていると、特に男子の母は、ついつい口うるさく、ガミガミとしがちのようです。
例にもれず自分も、長女でわりとしっかり生きてきた自分には、とうてい信じられない荒技や事象を引き起こす息子に、びっくりするやら呆れるやらの連続でした。

感情でどなってしまったりすることもしょっちゅうで、その度落ち込んでは本屋や図書館で育児書を手にしていました。いろいろな本を読んで、ものの言い方や態度を改め、肯定的な物の言い方と笑顔で接することをこころがけるようにしていました。

息子は今小学5年生になりました。数年前のことですが、小学3年生ぐらいだった時、学校から生活状況のアンケートの用紙を持ってきました。息子が自分で記入する方法で、母の私と息子はいつもリビング勉強で宿題や通信教材をやっている食卓テーブルに向かい合って座ってアンケートの回答はじめました。内容は朝何時に起きるか、食事は摂っているか、テレビはどれくらい観るか、習い事はしているかなどなどいろいろあり、息子が私に確認したり、聞いてきたりしながら、書き進んで行きました。

アンケートは、自分が何気なく無意識にやったり考えたりしていることを、質問されることにより、改めて認識できるので、私は好きなのですが、息子とふたりでアンケートを回答していると、日々の生活が明文化されてきて、改めて良いところ、悪いところがはっきりわかってきて、とても良いことだと感じました。そして最後に、「あなたがおうちの人に言われて嬉しかった言葉はなんですか。」という質問がありました。

私は、息子が何もない…と言ったらどうしよう、と思ってドキドキしていたのですが、息子はちょっと照れくさそうにニヤニヤしながら「うーん、たくさんあるなぁ~、どれにしようかなぁ~。」と。自分ではいつもガミガミ怒ってばかりと感じていたのですが、たくさん嬉しいことを言ってあげていたのかしら、ととっても嬉しい気持ちになりました。その言葉ははずかしいからと息子は教えてくれませんでしたが、これからも嬉しくなるような言葉をたくさんかけてあげるようにしたいと思いました。